Blog記事一覧 > スポーツ障害,その他の施術 > 足首の内側真ん中の痛み!!(有痛性外脛骨)

足首の内側真ん中の痛み!!(有痛性外脛骨)

2016.04.11 | Category: スポーツ障害,その他の施術

今回の症例報告です。

中学1年生の女の子です。

足首の内側真ん中の部分(内くるぶしの斜め下)ぐらいに骨の出っ張りがあります。

僕の足で申し訳ないです。(マルをかいてある部分です)

IMG_5386有痛性外形骨

歩く分には痛みがなくジャンプをしたり走ったりすると痛みがでる。

押さえると痛みが一番きつい。

こういった症状が有痛性外脛骨と言うものです。

日本人では5人に1人程度の割合で見られます。

扁平足が原因とも言われてもいますし、靴による圧迫や捻挫した後に

関節の結合部が損傷され動くことにより痛みを生じるとも言われています。

一般的に対処法として、アイシングやテーピング、インソールをつけるなどを行います。

もちろんこれも大事な事です。

当院でも行います。

でもスポーツをやっている子達はあまり休めないし休みたくない、

そんな子達の為にも独自の手技により早期復帰を助けます。

実際にこの女の子は1回の治療後ジャンプ時の痛みが消失、圧痛だけ少し残る状態。

走っても痛みがなくなりました。

こういった症状で悩んでいる方は電話でも結構なので、なんでも相談してください!!

旭接骨院

〒510-0212 三重県鈴鹿市中旭が丘二丁目2-11

059-380-5512

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒510-0212
三重県鈴鹿市中旭が丘2-2-11

駐車場

18台あり

予約について

自費治療のみお電話でのご予約が可能です。

休診日

木曜日 / 土・日午後 / 祝日