Blog記事一覧 > その他の施術,更年期障害,自律神経整体 > 更年期障害は男性にも起こりますよ‼(>_<)

更年期障害は男性にも起こりますよ‼(>_<)

2018.01.24 | Category: その他の施術,更年期障害,自律神経整体

こんにちは★

今日は男性の更年期障害についてお話します(・∀・)

心と体にさまざまな不調が現れる更年期障害・・・

更年期障害は女性だけのものと思っていませんか?

 

従来更年期障害は女性特有のものと思われてきました。しかし最近は男性にも同じような症状が起こることがわかっていまため息をつく疲れたサラリーマンのイラストす。「疲れがとれない」「やる気がでない」「イライラする」…

今そんな症状に襲われる中高年の男性が増えてきているんです(´・ω・`)

男性の場合、加齢によって男性ホルモン(テストステロン)が減少していきます。女性のエストロゲンほど急激な変化ではない為、それだけ症状が自覚しにくいともいえます。

また、加齢に限らず生活習慣やストレスが高まっていくと男性ホルモンの分泌量が減少し様々な症状が現れるといわれます。

最新の研究から、放置すれば心筋梗塞や脳卒中、認知症などのリスクが高まることも分かってきました。

 

【男性の更年期障害の症状】

*手足の冷え

*イライラ

*動悸、息切れ

*不眠

*疲労感や倦怠感(だるさ)

*意欲や気力がなくなる

*大量の発汗      など

 

なかでも特に多いのは、疲労感や倦怠感です。疲れがなかなかとれず、体力が落ちたと感じる人が少なくありません。体内の男性ホルモン(テストステロン)が減少すると、筋力の低下、不眠、発汗性機能の低下の症状だけでなく、仕事や趣味に対する意欲や気力がなくなる、人間関係が煩わしく感じる、といった症状もよくみられます。

テストステロンは活力や積極性の源泉となるホルモンだけに、その減少が心や体の不調をもたらし影響していると考えられています。

心配している人のイラスト(中年男性)

 

また、テストステロンには血管を拡張し、血液の流れをよくする働きがあります。そのためテストステロンの減少を放っておくと、動脈硬化が進行し、心筋梗塞・狭心症・脳卒中といた命にかかわる病気のリスクが高まるといわれているのです!

 

こういった症状で悩む男性は多いのですが、更年期障害は女性特有のものと思われがちで、『年のせい』と見過ごしがちで放っておく人も少なくありません。

 

このような症状でお悩みの男性の方!!当院ではそんな男性の更年期障害を助ける自律神経整体がありますよ(*^▽^*)

もしかしたら自分もそうかもしれない・・・とお悩みの方はお気軽にご相談くださいね(^-^)

※自律神経整体は予約制で保険適用外です。

 

旭接骨院

〒510-0212 三重県鈴鹿市中旭が丘二丁目2-11

059-380-5512

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒510-0212
三重県鈴鹿市中旭が丘2-2-11

駐車場

18台あり

予約について

自費治療のみお電話でのご予約が可能です。

休診日

木曜日 / 土・日午後 / 祝日